弁護士に相談したら・・・

今日、弁護士に相談に行った。



妻の不貞行為中から相談に

乗ってもらってる弁護士の先生だ。




今は妻との同居離婚に向けて

話し合いをしようとしていること、

子どもの親権のこと、

財産のこと。




いつも先生に話をする前に

一時間という限られた時間で伝えれるように

メモに書きだしてからお会いする。


でも、いつも

弁護士事務所の机について先生を待つ間、

自分が書いたメモを見ても

「あれ?これで何が言いたいんだっけ?」

「どんな答えがほしいんだっけ?」

と、分からなくなる。






それでも何とか思いだしながら





一生懸命、先生にぶつける。


「なるほど」とメモを取っている時、

先生が


「話は分かりました。

でも、どうして離婚しなければならないんですか?」

と質問された。





僕は

「えっ?」

って感じで茫然とした。








そうだ。

そう言われればそうだ。



僕は何も悪くないのに

妻が僕に気持ちが無いから、

隠れて不倫していたから、

僕や子ども達を裏切ったから、




もちろん妻に不倫の事実を突き付けた時は

それでも許して復縁したいと妻に告げた。

自分は離婚したくないと言った。


何よりも子ども達に為に。

そして、

まだ妻を愛していたし・・・。





でも、

僕に気持ちが全くない状況で

このまま婚姻生活を続けてもだめだし・・・

と、思うようになると

彼女が提案した同居離婚もアリだな・・・

と、考えるようになった。







離婚になったら、

子ども達と離れる事になるかもしれない。

じゃ、親権をどうする?

その後の生活を守るために財産分与はどうする?

なんて、離婚前提で考えてきた。








先生に言われてハッとした。










そうだよな。

妻が離婚したいと言っても有責配偶者からの

離婚申し立ては認められない。

そんな事は知っていた。


一番恐れていたのは

子ども達と離れて暮らすことになるかも知れない

って事。



離婚しなければ

その心配はなくなる。



そうだ。

離婚しない事で妻が機嫌を損ね

上手くいかなかったとしても

子どもと離れる事はない。








よく考えたら、

いつも妻の機嫌ばかり気にしてきた。


悪くもない僕が

子どもと離れて暮らすことになったり、

財産なんかであれこれ悩んだり、

離婚したくもないのに妻の提案に応じる

必要があるんだろう・・・。







先生はいつも、

質問した事に的確にアドバイスはくれるが

何だか事務的と言うか親身じゃないと言うか。

でも、今回、

「もっと良く考えてもいいと思いますよ」

と、言われ何だか嬉しかった。


僕の事を考えてアドバイス

してくれてる気がした。

(違うかもしれないけど・・・笑)





一時間の話を終えて

弁護士事務所を出た時、

何だかちょっと前向きに行けそうな気がした。




妻は許さない。

だけど、だったら離婚しない

と言う制裁を与えてもいいかもしれない。


コメントの投稿

非公開コメント

応援お願いします!
モチベーションアップの為に
ランキングに参加してみました。

応援、お願いします。
■ブログランキングへ
プロフィール

tumanofurin

Author:tumanofurin
愛知県在住。
結婚して17年。
妻と僕、子ども3人の5人家族。
僕は、とある工場で、
一週間毎に夜勤もあり。
妻は医療関係に勤務。

僕は今も妻の不倫問題と戦い、
とても苦しい経験をしています。
なぜ「した側」の妻が僕に冷たく、
逆に離婚を迫られるのか。

妻は今でも平然と日々を過ごし、
違う男と密会を重ねる。

妻の不倫に苦しんでいる方や
この一連の事件を
時系列で確認できるように
本サイトを立ち上げました。

自分と同じように
現在苦しんでいる方への参考
になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク