妻の不倫相手に示談書を書かせて慰謝料請求成功

今回、弁護士には相談したが

依頼するとかなり高額となってしまうので

これまですべて自分で妻の不倫に対して

戦ってきた。



もちろん

証拠集めは興信所にお願いしましたが・・・。




・相手に書いてもらう示談書
・妻に書かせる誓約書
・妻と自分で書く離婚協議書


は、全て自分で作成して、準備した。




妻の浮気 誓約書の書き方





そして今回は

妻の不倫相手に書かせる示談書

を相手に記入してもらった。





基本的に示談書だろうが誓約書だろうが

合意書だろうがタイトルは何でもよく、

内容も決まった形式は無いそうだ。



大事なのは

「内容を自分と相手が納得してサインする」

って事です。




だけど、

子どもの作文みたいな文章で

だらだら書いてもいけないだろうし、

相手が見て「何だこれ?」みたいに

なめられても困る。



それらしく、

相手が「あ、何かやっぱりやばそうだな」

と思うような文章にすべきだろう。



それから、ただ箇条書きで書くだけじゃなく、

証拠となるキーワードを自分なりにちりばめて

それに合意させることを気をつけて

作ってみました。







文章力がない僕ですが、

何日も何日も書いては消して、

考えては書き直してを繰り返し

出来あがった示談書がこちら。


示 談 書

”ここは自分の名前”(以下、「甲」という)、
”ここは相手の名前”(以下、「乙」という)
とは、本日当事者間で以下のとおり合意した。

第1条 (不貞行為の事実の自認)
乙は、甲に対し、甲の妻である”ここは妻の名前”(以下、「丙」という)
と、勤務先も同じであり既婚者であることを認識しながら、
平成●年●月より、反復継続して不貞行為に及びそれまで
円満であった甲と丙夫婦の家庭の平穏を侵害した事実を認める。

第2条 (謝罪)
乙は、甲に対し、自らの行動により、甲を深く傷つけ、
多大な精神的損害を生じさせたことを認め、
甲に対して謝罪し、今後丙との不倫関係、
私的関係を一切断つことを誓約する。

第3条 (慰謝料の定め)
乙は、甲に対し、前条に対する示談金として、
金●万円の支払義務のあることを認め、
以下のとおり、甲の指定する金融機関の預金口座へ
振込送金の方法により支払う。
(1)部分分割の場合、平成●年●月に金●万円、
2回目以降はその翌月から平成●年●月まで毎月末日までに
金●万円を●回払い。(ただし最終は残金全額とする)
(2)甲の指定する金融機関の預金口座
金融機関名:●●●●銀行
本支店名:●●●●支店
預金種別:普通
口座番号:●●●●
口座名義:●●●●
(3)支払に関する費用(振込手数料)については、
乙が負担するものとする。
(4)乙は、本件債務が乙丙の共同不法行為にかかる、
乙固有の負担割合部分であることを認め、
本件債務の全部または一部を丙に負担させないことを約束し、
求償権を放棄する。
甲および乙は、別途、甲が丙に対して
慰謝料請求することを妨げないことを確認する。

第4条 (遅延損害金)
乙が、第3条に定める示談金の支払いを
1回でも怠った場合、乙は甲に対し残元本に対し、
年14.6%の割合による遅延損害金を
付加してこれを直ちに支払う。

第5条 (期限の利益の喪失)
乙は、第3条に定める分割金の弁済が完済に至るまでの間、
乙につき以下の各号に定める事由が生じた場合には、
何らの通知、催告がなくとも当然に期限の利益を喪失し、
ただちに既払金を除く残金を支払わなくてはならない。
-1 乙が第三者から差押・仮差押・仮処分または強制執行
を受けたとき、もしくは競売の申立または破産手続開始の
決定を受けたとき
-2 甲に報告せずに自宅住所を移転または職業や
勤務先を変更したとき
-3 第3条に定める分割金の返済を2回分以上怠ったとき
-4 その他本契約の条項に違反したとき

第6条 (私的接触禁止および違約金の定め)
乙は、本契約締結日以降、職場における業務遂行上
どうしても必要な最小限の連絡を除き、
乙から丙への私的な接触を一切持たないことを約束する。
また、乙は丙の電話番号、メールアドレス、SNSなどの情報全てを
この場で完全に削除し今後も一切の丙に関する情報を保有しない。
万一、乙がこれらに違反した場合には、乙は甲に対し、
第3条に定める示談金とは別に以下のとおり別途
違約金を支払うものとする。
-1 電話やメール・手紙、面会その他方法の如何を問わず、
私的な接触を行なった場合
1回につき金20万円
-2 身体に触れる、触るなどの接触を持った場合
1回につき金100万円
-3 不貞行為に及んだ場合、またはそれと見られる
ホテルなどへの出入りがあった場合
1回につき金200万円

第7条 (誓約事項および守秘義務条項)
-1 甲と乙は、相互に、相手方の私生活や業務の
平穏を害するような言動を行わないことを約束する。
-2 甲と乙は、本示談書に定める内容に関し、第三者に告知、
開示、漏えい、または当該内容を第三者が容易に
想起し得るような言動をしないことを相互に約束する。
-3 甲と乙は、相手方を訪問したり当事者のいずれかを
誹謗中傷すること、名誉を害すること、
その他相手方に不利益となる一切の行為を行わない。

第8条 (清算条項)
甲と乙は、本示談書に定める他、損害賠償その他名目の
如何を問わず、何等の債権債務が存在しないことを
相互に確認する。
甲と乙は、本示談書の定めが誠実に履行されることを
条件として、本件については全て解決したものとし、
本示談書の定めに違約があった場合を除き、
以後、互いに何らかの追加的な請求を行うこと、
又は異議申し立てを行ってはならない。

第9条 (公正証書の作成)
甲と乙は、本示談書に定める第1条から第8条までの
内容について強制執行認諾約款付公正証書を作成する。
強制執行認諾約款付公正証書の作成に付いては
甲指定の行政書士もしくは弁護士を介して行うこととし、
作成に掛かる費用については乙が負担するものとする。

以上、本契約の成立を証するため、本書2通を作成し、
甲乙各自署名捺印の上、各1通宛を保有する。


平成  年  月  日

(甲) 住所:
氏名:         印

(乙) 住所:
氏名:        印
勤務先住所:
勤務先名:



と、いった感じです・・・。

とても大変でした・・・。



サインさせるには、まず自分が中身を

分かってないといけないですしね・・・。






この示談書が、僕の様に妻の不倫に悩む

旦那さんの助けになれば幸いです。


細かいポイントと内容は

また後日説明したいと思います。


コメントの投稿

非公開コメント

質問があります

はじめまして、餃子と申します。結婚11年、子供2人[10歳と8歳]45歳です。
2018年8月頃から、妻の行動が怪しくなり、9月下旬に怪しいメールを発見しました。一回目の調査で空振り。相手は妻の会社の同僚と、すごく似てると思いつつブログを拝見しております。
主様は、証拠が1つの状態で奥様に相談されたようですが、他に有力な証拠があったのでしょうか?
色々なサイトでは、2回以上の有力な証拠が必要とあるため、私もあと2回は興信所に依頼するのかと思ってました。近々2回目の調査が行われるため、気になってメールしました。長文申し訳ございません。

Re: 質問があります

餃子 様〉

コメントありがとうございます。

心中お察しします。
確かに他のサイトでは3回以上の証拠が
必要とあります。
しかし、僕には時間とお金が
ありませんでした。
ですので、一回の証拠で勝負に出ました。

なるべく、妻や相手から認めさせるように
事前にチェックフローを作成して
遠回しに少しずつ質問するようにして
最後には全て積み上げると言い逃れ出来ない
証言を録音して二人共、認めさせました。

確かに、裁判になれば
3回以上の証拠は必要でしょうし、
確実な材料はあればあるほど有利です。
僕は最初の話し合いで妻と相手に不倫を
認めさせ、現在、相手からは慰謝料を支払って
もらってます。
「慰謝料を支払う」とは
不倫を認め、一人では不倫は出来ないので
自動的に妻も有責となります。

この事実とその他の細かい証拠を合わせれば
裁判にも勝てると自分では確信してます。

参考になれば幸いです。
頑張って下さい!

応援お願いします!
モチベーションアップの為に
ランキングに参加してみました。

応援、お願いします。
■ブログランキングへ
プロフィール

tumanofurin

Author:tumanofurin
愛知県在住。
結婚して17年。
妻と僕、子ども3人の5人家族。
僕は、とある工場で、
一週間毎に夜勤もあり。
妻は医療関係に勤務。

僕は今も妻の不倫問題と戦い、
とても苦しい経験をしています。
なぜ「した側」の妻が僕に冷たく、
逆に離婚を迫られるのか。

妻は今でも平然と日々を過ごし、
違う男と密会を重ねる。

妻の不倫に苦しんでいる方や
この一連の事件を
時系列で確認できるように
本サイトを立ち上げました。

自分と同じように
現在苦しんでいる方への参考
になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク