ついに妻の浮気の証拠をつかんだ

「明日、急遽 食事会が入ってさあ。」

と、妻。





「・・・そ、そう。」

「じゃ、明日はちょっと早めに仕事から

帰るようにするね・・・。」







まただ・・・。

今月に入って7回目の食事会やら飲み会やら・・・。


その時はいつも

洗濯したりお皿を洗ったりと子どもの世話。

世話と言っても子どもと一緒に居るのは

全く「苦」にならない。

僕の最高に幸せな時間だ。







チャンスだ。

資金も無いし、もうやめようと悩んでいたが

最後にもう一度真実を知るために行動してみよう。

そう思って興信所に追尾を依頼。



「これで空振りに終わったら

もう、ずっとこのまま自分の心の中に

閉まっておこう」




5時間の勝負。



早めに仕事から帰宅して

妻が出かける時に興信所の担当者へメール。

「今、家を出ました。」




そこから興信所による妻の追尾がスタート。





・男と接触があったら

・ホテルに入るなどの行動があったら


追尾中にこの行動があれば連絡を

もらうようにお願いした。



なぜか。






ここで一気に証拠を全て揃えようと考えた。


資金は無い。

5時間を越えたら

友人に頭を下げて借りた最後のお金で

追加調査をしよう。





すると・・・

「男と接触」の連絡。



来た!!!


子どもと夕ご飯を食べながら

追加調査をするかどうか

一人で悩んでいた・・・。




カレー




コメントの投稿

非公開コメント

応援お願いします!
モチベーションアップの為に
ランキングに参加してみました。

応援、お願いします。
■ブログランキングへ
プロフィール

tumanofurin

Author:tumanofurin
愛知県在住。
結婚して17年。
妻と僕、子ども3人の5人家族。
僕は、とある工場で、
一週間毎に夜勤もあり。
妻は医療関係に勤務。

僕は今も妻の不倫問題と戦い、
とても苦しい経験をしています。
なぜ「した側」の妻が僕に冷たく、
逆に離婚を迫られるのか。

妻は今でも平然と日々を過ごし、
違う男と密会を重ねる。

妻の不倫に苦しんでいる方や
この一連の事件を
時系列で確認できるように
本サイトを立ち上げました。

自分と同じように
現在苦しんでいる方への参考
になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク